海藻

フコイダンとは何でしょう?

海藻の外側にある独特のヌメヌメした成分のひとつがフコイダンといいます。
フコースという多糖類で食物繊維の仲間です。

昆布やワカメ、もずく、ひじきなど海藻の中でも褐藻類と言われている種類だけに入っています。

フコイダンは海藻が潮の流れや衝撃でダメージを受けたときの回復、また周辺の微生物に食べられないよう自分の身を守るために必須だと考えられています。

フコイダンを多く含むのはもずくですが
中でも沖縄もずくはフコイダンの含有量が最も高いといわれています。

フコイダンの効果とは?

フコイダンには外敵から身体を守る免疫システムを助ける働きもあります。
加齢、活性酸素、ストレスなどで体内の免疫力は少しずつ低下しますが、弱っているところにウイルスなどが侵入してくると病気になってしまいます。

フコイダンは細菌に感染した細胞を死滅させる働きを持つナチュラルキラー細胞(NK細胞)の活性を高める作用も持っています。

さらに
血中コレステロールや中性脂肪を抑制する働きも認められています。

また
独特のヌルヌルはフコイダンが持つ硫酸基の特徴ですが、このヌルヌルで胃の粘膜を保護し、ピロリ菌などを吸着して体外に排出する効果もあるとされています。

ピロリ菌は胃の弱った部分に付着して増殖し、胃潰瘍や胃がんなどの原因となる菌です。
さらに、すでに炎症を起こしていてる部分にも働きかけ、修復する作用もあるとされています。

フコイダンの仲間であるU-フコイダンはアポトーシス(細胞の自死)に作用し、がん細胞を壊す働きがあり、がんの治療に効果が期待できるとの報告があります。

フコイダンは特定の食物を消化することが困難な病気である食物不耐症の原因になるレクチンの受容体として機能するため、食物不耐症の予防食として期待されています。

フコイダンを効率よく摂りいれるには?

フコイダンを多く含む海藻は酢(クエン酸)と一緒に食べることで消化吸収がよくなります。

とりわけ酢の物などは一押しです。

フコイダンは熱に強いため、おでん、お味噌汁、天ぷらなどもお勧めできます。

フコイダンは保湿ローションにもいい?

フコイダンは食べるだけでなく、保湿ローションとしての効果も高いとされています。

フコイダンのヌルヌルとした成分の中には、お肌の乾燥や細菌から守ってくれる機能があるとされ
ていて、多くのフコイダン配合保湿ローションが発売されています。

食べてもよし、お肌を保湿するために塗ってもよしというフコイダン。

今後も目が離せない成分となりそうです。

おすすめの記事