コラーゲン

コラーゲンとは何か?

美容成分ですっかりおなじみのコラーゲンは体を構成するたんぱく質の一種です。

そもそも
人の体は水分とたんぱく質が多くを占めています。

つまり
皮膚や肌、骨といった部分にも存在していて、なくてはならないものだといえます。

人体の約20%に分布するたんぱく質の内、30%にあたる成分がコラーゲンだとされます。

体重にもよりますが
標準的な体型の方だと約10kgがたんぱく質で、コラーゲンだけでも数kgです。

このように、かなりの量が体に存在しているので
不足が起こればそれだけ影響が出ることを意味します。

コラーゲンは主に真皮に集中していますが
25歳あたりを境にピークを迎え減少に転じます。

しかも質も低下していきますから
美容や健康を考えると対策を講じる必要があります。

年齢が40代にもなれば
コラーゲンの量はピーク時の半分くらいに減少するといわれています。

皮膚を下から支えたり、肌のハリに関わるたんぱく質の一種ですから、不足や質の低下は何としても避けたいところです。

コラーゲン不足は骨も弱くしてしまうので
長い人生の健康を思うと、健康面においても対策が必要だと思われます。

肌に触れた時に感じるハリや弾力は、コラーゲンがもたらす反発力によるので
しわの増加やたるみといった方向に変化し始めたら気を付けましょう。

コラーゲンを食べるとどんな効果がある?

コラーゲンを食べると、胃腸で消化吸収されて体の栄養素になります。
体内に吸収されたコラーゲンは、骨を作る働きで骨が丈夫になったり、ヒアルロン酸をサポートする形で若々しい肌へと導きます。

真皮には、エラスチンと呼ばれている
コラーゲン繊維を束ねる成分が存在します。
エラスチンは肌のハリに関わっていますから、とても重要な役割を担っているといえるでしょう。

エラスチンの隙間にはヒアルロン酸があって
ヒアルロン酸が水分を十分に保持することで潤いが保たれます。
コラーゲンは真皮層のフレームのようなもので、エラスチンがこれを束ねたり留めています。

更にそこにヒアルロン酸が加わることで
若々しい肌に欠かせない肌のハリや潤いが実現します。
いずれか1つが不足しても、若々しい肌は遠のいてしまいますが、コラーゲンもまた重要性が高くなくてはならない存在です。

食事でコラーゲンを摂取すると
真皮を支えるフレームがしっかりするので、保水や保湿の肌ケアの効果が引き出されます。

勿論、他の成分も不足していては意味がないので、コラーゲンと一緒に摂取するのが理想的です。

骨においては、カルシウムを繋ぎ止める働きをしますから
やはり意識的に食べることが大切だと考えられます。
特に、足腰に不安を覚えたり衰えがちな高齢者にとっては、骨の強度が自信や安心感に繋がります。

軟骨を作る役割も担うたんぱく質なので
関節痛や関節の動きに悩みを抱える方にとって、意識して摂取した方がいい栄養素です。
1日に必要とされる量は、食事の内容を見直すことで割と簡単に目標が達成できます。

肌質に弾力が生まれたり
ハリが出て小じわが目立ちにくくなるなど、見た目の若さが改善される効果に期待可能です。
不足は美容と健康の両方から自信を奪うので、不足しないように食事を心がけましょう。

健康面よりも、美容面に影響する度合いの方が大きいですから
年齢的にピークを迎える方は美容を考えて摂取するのが正解です。

コラーゲンが多く含まれる食品は?

コラーゲンが多く含まれているといわれる食品は、すっぽんやうなぎ、カレイといった魚が代表的です。
軟骨や手羽先、鳥の皮も定番中の定番ですから、魚だけでなく鶏でも摂取できます。

魚の皮に加えて、部位に関係なくコラーゲンが豊富に含まれている鶏肉は特に、毎日飽きずに工夫して楽しめます。
魚は皮は十分に火を通し、残さないように心がけて食べるのがいいでしょう。

パリパリで香ばしい食感は、大人だけでなく子供も好きですから、親子で無理なくコラーゲンの摂取が習慣化できます。
コラーゲンは、ビタミンCと一緒に摂ることで吸収率が上がるといわれていますから、ビタミンCを含む食品も意識して口にしたいものです。

コラーゲンの必要量は1日に5~10gと、数字だけなら楽に達成できそうですが、意識しないと不足してしまうのも事実です。
幸いなことに、含まれる食品の種類は多いですから、毎日同じものを口にする必要がないのでその点は安心です。

流石に毎日すっぽんやうなぎ、カレイばかりとはいきませんし、いくら美味しいものでも飽きてしまいます。
しかし、魚介類にコラーゲンを含むものが多いのは本当ですから、すっぽんなどにこだわらず、魚介類全般を幅広く食べるのがいいです。

鶏も同様に、軟骨や手羽先、鳥の皮と豊富な部位にコラーゲンが含まれているので、焼いたり揚げたり煮込んだりと様々に味わえます。
食事でコラーゲンを摂取することにおいて重要なのは、楽しく味わって美味しく食べることです。

1日に5~10gの摂取は確かに大切ですが、数値目標の達成よりも毎日無理なく、安定的に摂取を続けることの方が大事です。
ハモや牛肉など、比較的高級な食材に含まれているのが、コラーゲンという美容における重要な成分です。

ただし、動物全般の筋と軟骨に、魚の皮に多く存在する傾向ですから、肉や魚の種類を問わず部位を意識して食べるのが賢明です。
栄養素の摂取は食事をベースに、不足したら補助食品で補うのが推奨されているコラーゲンの摂り方です。

すっぽんもフィッシュコラーゲンも取れる美容サプリなら
👉琉球すっぽんのコラーゲンゼリーがおすすめ

コラーゲンのまとめ

コラーゲンはたんぱく質の一種で、体内に多く存在していて真皮に特に集中しています。
骨の健康にも影響する栄養素ですから、不足すると美容と共に健康にも影響が出てきます。

コラーゲンを摂取すると、美肌や老化予防をサポートする効果に期待できます。
コラーゲンは皮膚や骨を作る役割を担っているので、多く含まれる鶏肉や魚の皮を、吸収力を上げるビタミンCと一緒に摂るのがいいです。

ただ、コラーゲンを多く含む食品は栄養価が高いので、摂りすぎるとカロリーオーバーになることもあります。
美容や健康目的のつもりが、カロリーオーバーで余計なお肉がついてしまっては本末転倒です。

その為、毎食大量に摂取するのではなく、1日3食に分けて少しずつ摂るのがベストです。

何事もバランスが重要ですし、コラーゲンばかり重視していては栄養バランスの乱れが生じます。
コラーゲンは主役というより脇役なので、目立ちすぎない程度に補うよう心がけます。

年齢が25歳をすぎると、体内から減少していってしまうのがコラーゲンです。
30代40代と減少傾向を迎え、40代に入るとピーク時の半分くらいに落ち込みます。

若い頃は意識しなくても、年齢を重ねると意識せざるを得なくなるので
肌の変化のサインが見られたらコラーゲンの継続的な摂取を始めましょう。

おすすめの記事