乳酸菌

乳酸菌とは何か?

乳酸菌はオリゴ糖などの糖を発酵させて乳酸を作り出す微生物のことを言います。

自然界に広範に分布し、ヨーグルト、納豆、ぬか漬け、キムチ等の発酵食品の製造にも使われます。

乳酸菌にはさまざまな種類があり、ビフィズス菌やブルガリア菌なども乳酸菌の一種となります。

また現在では抗アレルギー効果のある乳酸菌やピロリ菌を退治する作用のある乳酸菌、インフルエンザ予防効果のある乳酸菌など
個性あふれる機能を持つ乳酸菌の開発が進み、製品化されているものも見られます。

腸活米という乳酸菌がブレンドされたお米も人気です。

乳酸菌の作用とは?

乳酸菌の作用とは腸内環境を整え、免疫力にも良い影響を与えることです。

人の腸内には500種類、100兆個以上の細菌が住みついているとされ、それらの細菌は大きく3種類に区分けされます。

一つは乳酸菌などを含む善玉菌で、そのほかに有害物質をつくり、人体に悪影響を与える悪玉菌。
体調が悪化すると体に悪影響を及ぼす日和見菌などが存在しています。

赤ちゃんの時は善玉菌が多いのですが
大人になるにつれ悪玉菌が増え、悪玉菌が作り出す有害物質により、腸の老化が進みやすくなります。

しかし
乳酸菌を補給することで悪玉菌は減らせることができ、腸内環境を整えて改善していくことが可能です。

腸内で乳酸菌が増えると腸が刺激されて便通が良くなったり、乳酸菌がつくる乳酸が腸内を酸性にして、病原菌の繁殖を防ぎます。

また乳酸菌は免疫力をアップさせる働きがあり、アレルギー症状を緩和してくれることもわかっています。

プロバイオティクスとは?

体に嬉しい乳酸菌を使った食品をプロバイオティクスと呼びます。

プロバイオティクスは腸内環境の改善、抵抗力アップ、発ガンリスクの低減、アレルギーの軽減、血中コレステロールの減少、血圧の効果作用など
バラエティーに富んだ恩恵を受けられる乳酸菌です。

抗生物質を使う場合は乳酸菌を補給しよう

抗生物質を長期的に使う場合、腸内の善玉菌が減ることが明らかになっています。

医師から抗生物質を渡されたときに
なるべく飲まないようにしたいところですが

どうしても化膿性の症状などで
抗生物質を使用する場合、ヨーグルトやキムチ、納豆、乳酸菌サプリメントなどを積極的に食べたり、補給することが大切です。

また
乳酸菌は多めに補給しても問題ないといわれています。

日頃から
腸内環境を良くし、免疫力を上げたい方には乳酸菌はとても大切な腸内細菌です。

今後も
日々の食生活の中で積極的に取り入れていきましょう。

おすすめの記事